医療機器販売  フィンガルリンク株式会社
フィンガルリンク株式会社 IVD事業部

ホーム | Sebia事業 | Sebia | Minicap Flex Piercing


Minicap Flex Piercing


 
ルーチン検査における標準的なキャピラリー電気泳動

Minicap Flex Piercing
Minicap Flex Piercingは、中小規模の検査室に柔軟性を提供します。
完全に自動化された装置は、明確で正確な分離を可能とする電気泳動技術で検査室の要求を満たします。この多項目装置は、血清あるいは全血による(検体種は項目に依存)蛋白分画、イムノタイピング、ヘモグロビン分画、CDT(糖鎖欠損トランスフェリン)といった広範囲のメニューを提供します。
Minicap Flex Piercingは、全血項目のために「キャップピアス技術」が備わっており、検査室のワークフローを最大にします。「転倒混和システム」は、サンプルを均質にし、精度の向上と正確な結果を提供します。

 
項目

    • - PROTEIN(E) 6
    • - IMMUNOTYPING 6
    • - CDT
    • - HEMOGLOBIN(E)

 
技術特性

自律性
 - 継続的サンプルローディング
 - チューブ収容量:28サンプル(血清蛋白分画)
    26サンプル(ヘモグロビン分画)
    26サンプル(CDT)
  
処理能力
 - 血清蛋白分画:20サンブル/時
 - ヘモグロビン分画:7サンプル/時
 - CDT:10サンプル/時
 
サンプルの種類
 - 血清
 - 全血(キャップ付きチューブ)
 
確実な識別と試薬のトレーサビリティ
 - カルーセルとチューブのバーコード
 - 高解像度内蔵型バーコードリーダー
 - 採血管からの結果までの完全なトーサビリティ
 - バーコード付きの試薬およびコントロール
 
サンプリングモード
 - 継続的ローディングによるフルオート
 - 採血管から直接サンプリング
 - キャップ無、キャップ有(キャップピアス)チューブからのサンプリング
 - 複数のサンプルを回転による効率的な撹拌システム
 
キャピラリー
 - 2つ同時に測定するための2本のシリカキャピラリー
 - ペルチェ素子により正確に温度制御された電気泳動
 

 
仕様

 Minicap Flex Piercing 全自動キャピラリー電気泳動システム(Cat.No.1232)
 ソフトウェア: Phoresis Core
 重量: 30kg
 寸法: (L) 43 x (W) 57 x (H) 41 cm

 ニュース[ Sebia事業 ]