医療機器販売  フィンガルリンク株式会社
フィンガルリンク株式会社 ME事業部

ホーム | ME事業部 | T-Tas plus


T-TAS plus 血栓形成能観測解析システム


 
T-TAS plusとは

T-TAS plus

T-TAS plus は、動脈硬化病巣を模したチップ内における白色血栓形成の過程を血流下で総合的、かつ定量的に解析する研究用観測解析システムです。


特徴 

1.白色血栓の成長速度や安定性を圧力波形と圧力指標により定量評価できます。
2.CCD カメラにより、リアルタイムに視覚的に血栓形成を観察できます。
3.少量の全血検体(約350 ~ 500μ)で測定が可能です。
4.短時間(10 分~ 30 分)で測定が完了します。
 

 
測定項目

2 種のチップを用いた異なる血栓形成の評価が可能です。
PL チップ
PL チップ(チップ内にコラーゲンをコーティング)
用途:活性化血小板を主体とする血小板血栓形成の観測・解析

 
AR チップ
AR チップ(チップ内にコラーゲンと組織トロンボンプラスチンをコーティング)
用途:フィリピンと活性化血小板を主成分とする混合白色血栓形成の観測・解析


 
T-TAS plus 関連商品

リザーバー
オーバーキャップ
廃液タンク AR 専用

 

 
測定原理

T-TAS plus
コラーゲンや組織トロンボプラスチンを固相化したチップ内の流路にポンプを用いて全血を流し込み、血栓が形成され流路が閉塞するまでのチップ内の圧力上昇をグラフにして連続的に記録します。得られた圧力波形から、閉塞開始時間・閉塞終了時間・血栓形成時間・圧力曲線下面積(area under the flow pressure curve : AUC)などの血栓形成傾向と関連するパラメータを算出することができます。併せてCCD カメラによって血栓形成をリアルタイムに視覚的に観察することもできます。

各チップの測定概要と結果

 
仕様

 装置本体寸法 :270W × 380D × 310H (mm)
 装置本体重量 :約13kg
 パソコン :ソフトウェア搭載専用ノートパソコン Dell Latitude Laptop E3550 (OS Windows7 英語版32bit)
 フローシステム :フローポンプ;1-1000 μL/min / 圧力センサー ; 1-150 kpa
 測定時間 :AR チップ30 分以下 / PL チップ10 分以下
 カメラ :動画解像度1024 × 768, MPEG
   

 ニュース[ ME事業部 ]


2017年03月09日 New
日本集中治療医学会 学術集会に展示
微小循環測定装置MICRO SCANが多くの先生方に注目される。